So-net無料ブログ作成
検索選択

<東京スカイツリー>第1展望台工事本格化 高さ398Mに(毎日新聞)

 自立式タワーとして世界一の高さ(634メートル)を目指し、建設が進む東京スカイツリー(東京都墨田区)の第1展望台設置作業が本格化している。高さは31日現在、398メートル。

【写真特集】どんどん伸びる 東京スカイツリー

 展望台は6月末ごろに外観がはっきりする見込み。展望台の屋上は、さらに上に高くタワーを建設する際、鉄骨などの資材を運ぶための中継地点になる。

 第1展望台は完成後、3階構造になり、3階の展望室は、地上350メートルからの眺望が楽しめる。地上の出発フロアからはエレベーターで、約50秒で到着するという。

 6月中は展望台工事に集中するため、高さが400メートルを超えるのは7月に入ってからになる見込み。第2展望台は高さ450メートルに設けられ、ツリー完成は11年末を予定している。【山田奈緒】

【関連ニュース
【写真特集】東京スカイツリー:最初の鉄骨、据え付け…はじめはこんなかんじでした
【写真特集】通天閣ロボ:東京タワーに現る
【写真特集】50枚の写真で振り返る東京タワーの50年
【写真特集】東京だけじゃない 各地のいろんなタワー
<関連記事>東京スカイツリー:建設の裏話を披露 クレーンは風向きに合わせて旋回

厚労省技官が口蹄疫殺処分を批判 「第2の新型インフル」論に賛否(J-CASTニュース)
<口蹄疫>種牛49頭の殺処分容認 東国原・宮崎県知事(毎日新聞)
平沼氏、日本創新党と統一会派の意向(読売新聞)
傷害罪の被告に 地裁が無罪判決 (産経新聞)
自衛隊の海外派遣 自民が一般法提出(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。